第213回「できていることを祈って…」